乾研究室

乾 康代( INUI Yasuyo 家政教育教室 准教授

研究室電話番号
029-228-8277

専門分野(主な研究テーマ)  住居学

研究活動(主な著書、論文など)
戸建て住宅地におけるコモンスペースによる空間構成と利用実態、 日本建築学会計画系論文報告集 
No.518、1999年4月、共著、pp.205-212


戸建て住宅地におけるコモンの管理実態と居住者の自力管理を支える条件、 日本建築学会計画系論文報告集No.531、2000年5月、共著、pp.171-178


Characteristics of the Residential Environment Management Systems in Detached Housing Areas (Studies on the Detached Housing Areas Developed in Osaka Prefecture from 1975-1996)Journal of Home Economics of Japan Vol. 51, No. 12、2000、共著、pp.1145-1157


住環境管理を目的とした自主協定に関する事例研究(関西都市圏における自主協定運営課程と行政の支援)、 2001年度第36回日本都市計画学会学術研究論文集、共著、pp.523-528


ストック時代の住まいとまちづくり、彰国社、2004年、共著 


乾 康代:地方中心都市における居住地の構造的特質とコミュニティのニーズに関する研究(水戸市を対象として)、日本建築学会計画系論文集第602号、pp.121-12820064月

乾 康代: 都市近郊農村における居住者のまとまり形成と地域環境管理に向けた課題に関する研究 茨城県東海村船場区を対象にして、日本都市計画学会都市計画論文集 No.42-3200710, pp.817-822.

乾 康代,寺内美紀子,伊藤勝紀:都市近郊農村における世帯類型別にみた住宅建設動向と住宅外観の特質 茨城県東海村須和間区を事例にして,日本建築学会計画系論文集 632pp.2117-2124200810


乾 康代:建築協定地区における協定違反の発生実態と発生抑制の課題 
茨城県の2地区を事例に−,日本都市計画学会 都市計画論文集 46-3201110

乾 康代:茨城県の住宅被害と行政支援の課題,マンション学 40号,日本マンション学会,pp.25-31201111

担当授業科
住居環境学  住居計画学 住居デザイン
III 住居学演習 など

教育学部ホームページへ
家政教育講座ホームページへ